子供の眼科検診

中学生の子供の眼科検診に、一緒に行きました。
学校での検診をお休みしてしまったので、病院をあちこち回って検診を受けなければならないのです。
内科だけでなく、耳鼻科、歯科、眼科、と、色々あって結構大変です。
検診当時、子供は入院していたので内科だけは入院先の病院にお願いできたのですが、それでも退院後の体調も整っていないうちに、いくら近所だとはいえ病院めぐりは結構ストレスです。

さて、入院中から本人は「なんだか両目の視力が違ってきているみたいに感じる」と言っていましたが、その通りの結果がでました。
片方は1.2だけどもう片方は0.3でした。
ものすごい違いです。
先生は、視力があまりにも違ってきているので、遠近感覚まで調べてくださいました。
その結果、遠近感覚に問題はありませんでした。

先生のお話によると、良い方の目で遠くを見て、悪い方の目で近くを見るといった役割分担ができてしまっている可能性が大きいそうです。
このまま日常生活に支障がないのであれば、特に眼鏡を作って強制する必要のある状態ではないのだとか。
我が子ながら、ちょっと不思議な状態です。