特定調停という手続き

件数そのものは以前に比べると減ったものの、特定調停と呼ばれる債務整理があります。交渉の間に入るのは裁判所なので、任意整理とは少しちがいます。

債務が残っている借入先について、既に過払いになっている金額がある場合に選択できる手法です。

計算したときに過払い金の方が多いときは、特定調停時に過払い金請求を盛り込向ことはできませんので、別途請求することになります。

一度に出来ないのがもどかしいですが、借入が残っているうちは過払い金を請求できず、一切の返済が済んでから行なうことになります。 借金に伴い保証人になってくれた人がいる場合、債務を整理の影響を保証人も受けることになります。

どの方法で債務整理を行ったかによってその影響には差があり、任意整理や特定調停であれば書類の記入が必要なだけで保証人に対して返済の請求はされません。一方、個人再生や自己破産の時は、債権者から保証人への直接の請求が可能となることから、請求された全額の支払いを保証人が変りに行なう必要が生じます。以前の話ですが、多重債務の状態に陥り、数百万の借りたお金を抱えたことがあります。
勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。不況の時でしたから、再就職(ニーズの高い資格を持っていると有利だといわれています)も失敗し、生活するためにキャッシングを利用せざるを得ない状況でした。 少し経ってから今の会社で働けるようになりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、弁護士に依頼して債務整理をしました。

今は借金も払い終え、一般的な暮らしが送れるようになりました。

抱えきれなくなった借金を整理するのに有効な債務整理ですが、認められるまでに、どのくらいの時間が必要になると思いますか?債務を整理には任意整理や特定調停などの種類があり、どのやり方を行なうかによって所要時間が変わってきます。しかし、どんな方法を選んだとしても3か月はかかるものだと思います。なお、借り入れ先が多数に及んでいるという場合は、その分時間がかかります。 長引けば1年、またはそれ以上かかることもあります。

借金 滞納 債務整理