カテゴリー別アーカイブ: 未分類

季節で変わる日焼け対策

日焼け対策は、肌をきれいにし続けるためには欠かせないものです。寒い季節は紫外線対策は必要ないと思っている人もいるようですが、紫外線からお肌を守るには、冬でも日焼け対策が重要になります。日焼け対策は、春になった時点でもう行っていなければなりません。地表に降り注ぐ紫外線の強さは5月ぐらいから増し、6月には夏と同じくらいになります夏の日焼け止めクリームは、取れやすいことも覚えておきましょう。汗をかくと、クリームが汗に溶けて剥がれてしまいがちです。普段の生活の中でも、3、4回はつけ直す習慣をつけるといいでしょう。数値が高いものを1回塗るよりも、数値が低くても何度も塗りなおすほうが日焼け対策としてはより効果がアップします。わずかずつしか日焼け止めクリームをつけないでいると、効果が薄くなります。塗り忘れが多いところがあごの下です。地表から紫外線が跳ね返って日焼けをしてしまう場所なので、要注意です。冬や、雨が続く季節でも、紫外線は地表に届き、日焼け効果をもたらしていますので、1年間のどの季節でも日焼け対策は休めません。また、冬は紫外線が強くないですが、お肌の紫外線への耐性も弱っている状態です。そのため、春に紫外線量が急速に増加すると、夏以上に皮膚にダメージを被ることになります。どんな季節でもしっかりと日焼け対策をして紫外線から肌を守ることが大切だといえるでしょう。ブリトニーの酵素 効果

女性用育毛剤の正しい使い方

抜け毛の悩みに対し、女性用育毛剤を利用する人がいます。適切な使い方をしなければ、せっかく女性用育毛剤を使っても意味がありません。女性用育毛剤を使用する前に知っておきたいことがあります。頭皮の健康が良いものであれば、一カ所の毛穴から何本もの毛が生えており、全体では10万本の毛が存在しています。髪の毛の太さは平均で0.1ミリです。女性の薄毛や抜け毛は頭頂部を中心にボリュームがなくなるのが特徴です。一本一本の髪の太さが細くなってしまったり、本数が少なくなってボリュームダウンします。女性用の育毛剤が販売されているのは、女性には女性の薄毛の理由が存在するためです。髪の毛には周毛期というサイクルがあります。本来は抜ける髪と再生する髪との釣りあいが取れているものですが、ストレスやホルモンなどの影響で再生が滞ったり、休止期が長引いたりします。中高年以降女性の場合、頭頂部の広範囲の毛が薄くなるびまん性脱毛症が一番多いようです。ヘアセットで頭皮に負担がかかったり、一日に何度も洗髪をしていて髪が傷んでしまうと抜け毛の原因となります。ダイエットによる栄養不足やピルによるホルモンバランスの崩れが抜け毛の要因になることもあります。メンタル面が原因で抜け毛になる場合、年齢とは無関係に起きるようです。女性用育毛剤はさまざまな症状に合ったものを選ばなければなりません。抜け毛の原因をよく見極めてから女性用育毛剤を使うことが大切です。
脱毛 自宅